とびだせどうぶつの森でプレゼントを渡すイベントの思い出

とびだせどうぶつの森で特に楽しいと感じるイベントは、サンタクロースの格好になりプレゼントを待ちわびている村民たちに対してプレゼントを渡していくという事です。しかし、単に次々と渡していくだけでは好ましくなく、しっかりと村民たちが喜びを感じられるような渡し方をしなければならないのです。慣れていない時は何を渡せば喜んでくれるのかがわからなかったため、難しく感じた時もあったのですが、すぐにコツを掴むことができました。そのコツというのは、袋を肩に掛けて歩いている時に村民たちから発せられる会話が関係しています。実は袋の中には個々の好みにマッチするような物が入っているので、会話の中から欲している物を汲み取り、喜びそうな物を渡してあげるととても喜んでくれるのです。自分が手渡した物により、このように喜んでくれる様子というのはとても嬉しい気持ちになれ、やはりクリスマスはとびだせどうぶつの森で最も思い出が作りやすいと感じました。ちなみに、あえて喜ばなさそうな贈り物を選んでみると、腑に落ちない顔をしながら残念そうな言葉を口にするので、普段はなかなか目にする事ができない顔が見られるという楽しみも感じられるのです。